復縁の冷却期間ってどのくらいがいいの?

復縁の冷却期間ってどのくらいがいいの?

復縁の冷却期間ってどのくらいがいいの?

復縁の冷却期間は長い方がいいのか?短い方がいいのか?

 

という復縁に悩む女性から以前から質問されてることですが、
これは人によりけりです。

 

例えば、今まで同棲してたり、
毎日電話し合ってた二人の場合1〜2週間程度

 

週に2、3回合ってるひとであれば

 

 

あとはタイミングですね。

 

あとはしたい時にというのもあります。
やっぱり男ですからね。

 

そのへんは結構重要です。

 

復縁したいから元彼に電話したけど出ない
        ↓
出ないから電話をさらにする

 

これは禁物です。

 

電話をするタイミングやかけ方などいろいろあります。

 

もう、元彼がいいなと思っている人がいれば、二人のあいだに深手を追ってしまう場合もあります。

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

となりますが、この場合は一定期間冷却期間を設ける必要があります。
男性としては、何度もかけることで女性に対し、一種の恐怖感を覚えます。

 

この恐怖感がある時期にかけると元彼はますますでなくなってしまします。

 

我慢できない!っと思いますが、少しだけ耐えてください。
ちゃんとした期間を持つことで男性も少し寂しくなったり、懐かしくなったりします。

 

タイミングを見るなりして復縁を迫るというのはとっても重要なことです。

 

復縁する上で重要なのが、自分の今の欲求を満たすか、その後の幸せを得るか
ということを理解するということが重要です。

 

確かに感情的になるかもしれないのですが、そこは抑えて元彼との幸せなその後を
考える方がいいでしょう。

 

また、冷却期間を設けるメリットはいくつかあり、そのほかにもあなたが落ち着きを取り戻し、
冷静になれるというメリットもあります。

 

最初は
「彼に新しい女ができたら??」
「電話しないと私のことを忘れるんじゃないの?」
「今電話したらすぐ会えるんじゃ?」

 

と不安になるのはわかるのですが、
ここは一旦冷静に距離を取りましょう。

 

また、冷却期間を設けずに何度も連絡してしまうと
相手に行動パターンを読まれてしまう場合があります。

 

 

相手の行動パターンがわかると人間は恋愛の熱が冷めてしまうという特徴があります。

 

というのも恋愛とは相手のことがわからないからますます気になるという
心理も一部働いているのです。

 

あなたが何度もかけると相手は

 

「またかけてきた」

 

というあなたの行動パターンを読んでいます。

 

冷却期間とは相手に気にならせる期間でもあります。

 

「連絡ないけどどうしたんだ?」
「いつもなら電話かけてくるはずなのに」
「もうあいつも彼氏できたのかな?」

 

そう思わせる期間でもありますので、
これらは必要だと思ってください。

 

そう思わせたタイミングで電話したりすると
意外と相手も快く迎えてくれるケースもあります。

 

ましてはあなたから別れを告げた場合などは
なおさらです。

 

いい復縁をするためにも冷却期間は設けましょう

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ