復縁の成功例ってどんなのがある?

復縁の成功例ってどんなのがある?

復縁の成功例ってどんなのがある?

Q:復縁の成功例ってどんなのがありますか?
元彼とほとんど連絡取れない状況で困っています。
彼とはヨリを戻したいのですが、どうすればいいか方法がわかりません。
私のような状況でも彼と復縁できるんでしょうか?

A:
復縁したいのに方法が分からないという方は少なくありません。

 

そうなると復縁できないのではないだろうか、もう二度と彼とは会えないのではないだろうかととても不安になるものです。
しかし重要なのは、あきらめないことと焦らないことです。
復縁に成功したという方は多いですし、元彼と連絡が取れなかったのに復縁できたという方も少なくありません。

 

しかし、そのためにはかなりの覚悟が必要です。

 

本当に元彼さんの事が好きで、そのために努力を惜しまないという覚悟ができないのであれば新しい恋を探した方が良いでしょう。

 

その覚悟があるなら、まずしっかりと冷却期間を取りましょう。
この冷却期間は最低でも二ヶ月、望ましいのは三ヶ月以上です。
冷却期間の間は連絡を一切取ってはいけません。

 

電話はもちろん、メールやLINEもダメです。

 

冷却期間をしっかりとれるかどうかが、復縁成功のカギと言っても過言ではありません。
その冷却期間を取った後、近況を尋ねるメールを送ってみましょう。

 

メールが返ってきたら、復縁の可能性アリです。

 

何かのきっかけを作って会えるように計画できるかもしれません。
ここで復縁をいきなり迫ってしまっては、今までの苦労が水の泡です。

 

むしろ徐々に仲良くなるように心がけましょう。
その間に自分を変えるということが重要です。

 

元彼さんと別れてしまったのには何か理由があるはずです。

 

その部分をしっかり直しておかなければ、またその理由で別れられてしまうかもしれません。
元彼さんと会いつつ、自分をしっかり磨いてより魅力的な女性になるようにするともう一度興味を持ってもらえるようになるかもしれません。

 

焦らず頃合いを見て復縁を申し込むこともできますし、もう少し我慢して元彼さんの方から復縁という言葉が出るのを待つこともできます。

 

復縁に成功したという方の多くが、元彼と接点を持ちながら自分の魅力を伝えるという方法を利用しています。
かなりの成功率を誇る方法と言えるでしょう。

 

一方で冷却期間後のメールが返ってこなかったり、連絡しないでほしいと言われたりする場合はどうでしょうか。
この時は冷却期間が足りなかったということなので、食い下がらずにいったん引きましょう。

 

そしてもう少し時間をおいてからもう一度チャレンジできます。
中には一年以上の冷却期間を置いたという方もいるほどです。

 

やはりあきらめないことが肝心なのですね。
冷却期間をしっかりおいて、元彼さんが寂しさを感じ始めたころに行動を起こすようにすると復縁の可能性が高まるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ