元彼の熱が冷めてる場合でも復縁はできる?

元彼の熱が冷めてる場合でも復縁はできる?

元彼の熱が冷めてる場合でも復縁はできる?

Q:元彼と連絡取っていますが非常に冷たく以前のような私に対する熱が冷めてるようです。
こんな場合でも昔のようにお互い好き同士になれるような復縁ってできるのでしょうか?

A:
今でも好きな元彼さんから冷たくされると、とても悲しい気持ちになりますね。
そんな時には「もう二度と昔のような関係には戻れないのだろうか」と考えて落ち込んでしまいがちです。

 

しかし一度冷めた気持をもう一度燃え立たせて恋人関係に戻るということは不可能ではありません。
復縁の可能性を探る前になぜ元彼さんが冷たいのかを知らなければならないでしょう。

 

一つの可能性は、何らかの理由で質問者さんの事が嫌いということです。
当たり前ですが、この場合は復縁が最も難しいでしょう。

 

相手になぜ嫌われているのかをしっかり分析し、謝るところから始めなければなりません。
数か月の冷却期間をおいて相手の嫌悪感が薄れたころに謝る方が効果的です。

 

とはいえ、質問者さんの場合には今でも連絡を取っているということですから嫌われているという可能性は低そうです。元彼さんが冷たい別の理由としては復縁を迫られたくないということが挙げられます。

 

元彼さんは質問者さんを嫌ってはいないものの未練はなく、復縁したくないので冷たくしているという可能性です。
このケースでは、質問者さんがいくら復縁を迫っても効果はありません。

 

むしろ元彼さんへの未練が見えると、より一層冷たくされてしまうか連絡を絶たれてしまうかのどちらかでしょう。
いったん連絡を控えて冷却期間を置く必要があるかもしれません。

 

その期間も数週間ではなく、最低でも三ヶ月程度の期間一切の連絡を取らないことが重要です。
そのようにして元彼さんへの未練がなくなったと思わせることができるからです。

 

元彼さんもしばらくの間連絡がないと、別れた元カノの事を思い起こすことも増えてくるものです。
その冷却期間の後、未練がないことをアピールしつつ友達からの再出発ができれば復縁への可能性はグッと高まるでしょう。

 

いずれにしても何ヶ月かの間連絡を絶つことが必要になります。
連絡を取らないと他の人に取られてしまうかもしれないと思うかもしれませんが、この冷却期間がなければ復縁はあり得ません。

 

ぜひ辛抱して、この冷却期間を過ごし復縁の可能性をアップさせましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ