男性に尽くす復縁はダメ?

男性に尽くす復縁はダメ?

尽くしても男性って振り向いてくれないのでしょうか?

Q:尽くしても男性って振り向いてくれないのでしょうか?
いろいろ彼のために尽くしてきたんですが、結果として振られました。
元彼とはできれば復縁したいと思っています。
尽くしてばかりってだめなんですか?

A:
自分を差し出して彼に尽くせるあなたはきっと働き者の女性であることでしょう。
いろいろ頑張ってきたのに振られてしまうと、「なんで?」と疑問に思うものです。

 

ここで重要なのは、誰のために尽くしてきたのか、尽くした動機は何だったのかということです。
もちろん「彼のために」とおっしゃることでしょう。

 

確かに、彼のために料理を作ったり洗濯をしたりプレゼントを選んだりしたかもしれません。

 

しかし、そこに「自分をもっと好きになってほしい」という見返りを求める気持ちはなかったでしょうか?

 

尽くした動機がそこにあると、自分が彼のためにしたことをアピールしたり、「なんで気づいてくれないの?」という雰囲気を出してしまったりすることになります。

 

男性はそういったアピールやオーラがあまり好きではありません。
あたかも「わたしをもっと愛して」というプレッシャーをかけられているかのようだからです。

 

一方で愛される女性は「彼が喜ぶから」という理由で彼に尽くします。
そこに見返りを求める気持ちはありません。

 

彼のためにやったことに彼自身が気づかなくても、そこは問題ではありません。
つまり、相手の事をぜひ幸せにして挙げたいという気持ちが必要なのです。

 

もちろん質問者さんもその気持ちを持っていたことと思います。
それでも、それ以上に愛されたい気持ちが強くなってしまうと、男性としては居心地の悪さを感じてしまうのです。

 

それでも、復縁を成功させることは可能です。
もちろんそれは質問者さんの今後の努力次第ということになります。

 

自分の女性としてのスキルを磨く努力をしていけば、もしかすると彼の興味をもう一度惹くことができるかもしれません。
その時にはぜひ「本当に彼に幸せになってもらいたい」という気持ちを忘れないでください。

 

見返りを求める気持ちを無くすのは難しいかもしれませんが、少なくとも彼にそのプレッシャーを感じさせないようにしましょう。
尽くしてばかりはダメなのだろうかと思うのは、自分に自信のない証拠です。

 

彼の幸せのために尽くすなら、必ず彼はもう一度振り向いてくれるはずという自信をもって復縁に向け努力してみるのはいかがでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ