元彼には別に彼女がいる場合の復縁方法

元彼には別に彼女がいる場合の復縁方法

彼には別に彼女がいる場合の復縁方法

Q:元彼と復縁したいけど彼には別に彼女がいます。
この場合どうやって復縁すればいいでしょうか?

A:
元彼さんに彼女がいるにもかかわらず、復縁したいという質問者さんはよほど元彼さんの事が好きなのでしょうね。

 

一般的に元彼に彼女ができてしまうと復縁なんて無理だと思われていますが、実はそうでもありません。

 

多くの人が、彼女ができてしまった元彼と復縁しているのです。
そのパターンとしては大きく分けて二つあります。

 

一つは、元彼が新しい彼女ができた後もあなたに連絡してくる場合です。
この場合、復縁できる確率は決して低くありません。

 

むしろ上手に事を運べばかなり高い確率で復縁できるでしょう。
というのは、元彼があなたに連絡してくるということは、まだかなり未練があるということだからです。

 

しかし注意すべきなのは、ここで今の彼女に対する不満があるかどうかという点です。

 

今の彼女に不満がないのに連絡してくるのであれば、もしかするとあなたをキープしておきたいだけなのかもしれません。
一方で今の彼女に不満があるのなら、かなり短期間で復縁できると考えられます。

 

どちらの場合でも、焦りは禁物です。

 

ここで復縁を迫ったり、肉体関係を持ってしまったりすると元彼にとっては都合のいい女となってしまい、復縁には至りません。

 

むしろ若干冷たく対応するくらいがちょうどいいのです。
もっとも効果的なのは、元彼の愚痴を聞いてあげる相談相手のような立場になることです。

 

元彼に頼られる存在になることさえできれば、復縁は近いと言えます。

 

この時も全く連絡を取らない日を作るなどして、あなたが未練を持っていることが伝わらないようにしましょう。

 

そうすることによって、元彼に「もう一度この女性と付き合いたい」という気持ちを抱かせることができます。
ここで「あなたと別れた時にもっと自分がこういう点を頑張っていたら・・・」というように後悔していることをにおわせておくとさらに効果的です。

 

決して男友達以上の接し方はせず、相手が復縁したいと言ってくるのを待ちましょう。

 

一方で元彼がまったく連絡してこない、もしくは「連絡しないでほしい」と言っている場合はどうでしょうか。
その場合には、いくらこちらから復縁へのアプローチをしても逆効果です。

 

ですから最低でも三か月は冷却期間が必要になります。

 

この期間は電話もメールも一切しないようにしましょう。
もし元彼が新しい彼女に不満がない様子がわかるのであれば、一年程度の冷却期間が必要でしょう。

 

その間に自分を人間的にしっかり磨くようにします。
ポイントは、連絡を一切取らないということです。

 

きっとつらい気持ちになるとは思いますが、その冷却期間をしっかりとるかどうかが復縁が成功するかどうかのカギです。
「しばらく見ない間にいい女になったな」と思わせることができれば、復縁の可能性はグッと高まるでしょう。

 

その後は未練を感じさせないように会いつつ、復縁の機会をうかがうことができます。
このように元彼に彼女がいても、復縁できる可能性はあります。

 

ぜひあきらめることなく、駆け引きを上手にして復縁を成功させるようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ