復縁するためのアプローチは?

復縁するためのアプローチは?

復縁するために元彼に対してどのようなアプローチが有効?

Q:元彼と復縁したいのですが、彼が何を考えてるかわかりません。
元彼に対してどのようなアプローチが有効なのでしょうか?

A:
復縁したいと思えるほど好きな人がいることをうらやましく思います。

 

復縁したい気持ちがあるのはとても良いことですが、元彼さんと別れてからどのくらいの期間が経っているのかによってアプローチの仕方が変わってくるという点を覚えておきましょう。

 

まず別れてしまってからそれほど日が経っていない場合はどうでしょうか。
例えば1週間や10日間といった短い期間です。

 

男性の立場からすると、何か別れたい理由があって別れを切り出したわけですから、その時点で復縁を迫ってしまうと逆効果になることでしょう。
どんな交際もそうですが、別れの後には一定の冷却期間が必要です。

 

通常は1〜2ヶ月くらいの冷却期間を経て、やっと復縁のタイミングとなります。
その前にメールや電話などをしてしまうと、復縁は難しいでしょう。

 

冷却期間中に「なんだか今までいた人がいないと寂しい」と思ってきた頃が復縁のベストタイミングです。
一方で、別れてしまってからある程度期間が経っている場合はどうでしょうか。

 

その場合には別れを告げられた理由を良く知る必要があります。

 

元彼さんが何を考えているのかわからない以上、別れた時に言われたことを分析するほかありません。

 

もし質問者さんが改善できる部分があれば、変化した自分をアピールして復縁のきっかけにすることができます。

 

別に本当に性格が変化してからでなくとも、表面上の変化を見せるだけでも十分です。
ただしその後努力を続けていかないと、また以前と同じ理由で別れられてしまうこともありますから注意が必要です。

 

きっかけをつかむ方法としては「最近どうしてる?」といった近況を訪ねるメールを送ってみましょう。
もし返信が無いようであればタイミングが早いと判断して、それ以上のアプローチは控えます。

 

返信があったなら、イベントなどを口実に合うように取り決めます。
二人で楽しく過ごした後に変化した自分をアピールすれば、「前よりも変わったかな」と思わせることができるかもしれません。

 

焦りは禁物です。

 

もしタイミングが早いと感じたなら、無理に進めるのではなく別の時にアプローチしなおしましょう。
アプローチの方法によっては二度と復縁できなくなってしまう恐れもあります。

 

ゆっくりとタイミングをはかりながら復縁を成功させるようになさってください。

ホーム RSS購読 サイトマップ